乾燥肌を改善するには

潤いを守りながらメイクを落とそう

肌のバリア機能が弱まっている乾燥肌の方は、肌を守っている成分をクレンジングで落とさないことが大切です。 肌には皮脂やNMF、細胞間脂質という肌を守る天然の保護機能が備わっています。 これらの成分の相互作用によって肌をしっかりと保湿してくれて、外的刺激から守ってくれています。 乾燥肌はこのバリア機能の成分が少なくなっているため、いかに守りながらメイクを落としてスキンケアをするかが重要になります。 クレンジング剤は肌に刺激のないもので、潤い成分を取りすぎないものを使用して、優しくメイクを落とすのが大切です。 皮脂は多少取りすぎてもすぐに回復してくれますが、細胞間脂質などが減少してしまうと回復するのに数日程度かかってしまいます。 そのため、刺激を与えない、潤いを取りすぎないというのがポイントです。

適度な洗浄力のミルククレンジング

肌質にはいくつかのタイプがあり、それに合ったクレンジング剤を使うのが大切です。 乾燥肌の場合には刺激を避けるのが賢明で、クレンジングも負担が少ないミルクタイプが向いています。 オイルタイプはすっきりとすぐにメイクを落とすことができますが、界面活性剤が多く含まれていて、乾燥肌には刺激が強すぎるのです。 そのため、クレンジングや洗顔後には肌が余計に乾燥するようになってしまって、肌状態を悪化させる事にもなります。 水分量が多く界面活性剤が少ないミルクタイプは、肌への刺激も弱いため、乾燥肌や敏感肌の方がメイを落とすのには向いています。 テクスチャーも滑らかで指通りが良く、肌との摩擦を避けることができるので、肌への刺激も極力減らすことができます。

Copyright © 2015 化粧品を上手に活用〜肌のSOSは見逃さないで〜 All Rights Reserved. Design by www.alltemplateneeds.com